前へ
次へ

医学には基礎医学というのがあります

色々な医学というのがあるのですがその一つに基礎医学というのがあります。
生理学や病理学、ウイルス学などの基礎的な理論であり、これがあってこそ、医療行為が確立されていると言っても過言ではない理論の集大成といえるでしょう。
お医者様であれば当然ですがこういうものはしっかりと学んでいるということにはなるのですが、一般人でも学ぶ価値があるのかと言うとやはりあったりします。
例えば衛生観念になどに関して言えば医療に役に立つということもそうなのですが予防にもなったりするわけですから、これは実生活において役に立つ、ということが多くあることになります。
免疫学などは免疫が落ちないようにする行動とかそういうあたりのことを考えて行動したりすることができるようになるので一般人でも知っておいた方が良い知識ということがいくらかやることになるわけです。
知識としては本とかネットからでも十分に得ることができるでしょうから心配しなくてもよいです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top